自然なお通じを目指すためには、酸素を体内に取り入れながら行う有酸素運動も効果があります。
有酸素運動といっても、エアロビクスなど特別な運動をする必要はありません。
ウオーキングやサイクリングなどで、腸の働きを活発にすることができるので、毎日の生活の中で無理なく取り入れてみましょう。
有酸素運動は、全身の血流がよくなることのほかに、自立神経が刺激され「気持ちいい」と感じる状態になります。
この状態になることで、腸の働きも良くなるのです。
自分の気持ち良いペースで有酸素運動をすると、体もリラックスした状態になり、腸の働きも良くなることで、便秘解消が期待できます。
逆に、交感神経が優位な状態のときは、体は緊張しているので、血流の流れを圧迫して、腸の働きも悪くなります。
食事の内容に気をつけたり、腸のマッサージをするとともに、有酸素運動を行うことも、自然なお通じのために有効な対策です。

外から腸を刺激して便秘を改善

お腹のマッサージや運動で、お腹の外からも腸を刺激して、
お腹ポッコリの原因である老廃物を排出しましょう。
冷え性の方の場合は、冷えが原因で腸の働きが悪くなっている
場合があります。
便秘に効果的とされている「冷水を飲む」ことをしているのになかなか改善しないという場合は、冷えによって、腸の働きが悪くなっているのかもしれません。
便秘 食生活 関係があるので温かいスープやお茶を飲んだり、
カイロなどでお腹を温めましょう。
腹筋が弱いために、排便の力が弱いことが便秘の原因に
なっていることもあります。
腹筋運動をすることで腸が刺激され、お通じにつながることもあります。
腹筋の他、ウオーキングなどの運動や、お腹のマッサージなどで
外からも腸を刺激していきましょう。

あわせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする