私の兄が引越しをするときに手伝ったのですが、その時困ってしまったのは、ブランデーのボトルが大量にあったことです。お酒なので飲んでしまえば減るので、引越しの時にも楽だと思ったのですが、飲まずに飾るためのお酒が大半を占めているとのことで、どうしても移動する必要があるとのこと。

ならば、一つずつボトルを梱包していく必要があります。ガラスビンが接触したりする状態で、くるまり積載してしまうと大きな揺れの時にボトルが割れてしまう可能性があります。

新聞紙で包んだくらいでは、ボトル同士の接触でヒビが入る可能性は十分にあるので、どんなに売れても接触しない距離を保つように、新聞紙を丸めて入れたり、発泡スチロールを隙間に押し込むなどの対処が必要になってきます。

私が以前にやってみて良いと思ったのは、ダンボール箱をボトルの幅に合わせてカットしておき、ボトルを前後逆に並べて、その隙間にダンボールのシートを差し込んでいくのです。ダンボールは厚みはそれ程無いですが、ボトルが割れないようにするためのセパレーターとしての役割は十分です。

なので、ダンボール箱とセパレート用のダンボールをいくつも用意して、綺麗にブランデーを並べていったのです。

あわせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする