人魚伝説が有るという若狭湾。若狭ふぐ、タコが名物であります。その他の魚の養殖なども有名らしいです。それらの映像をテレビで観たのですが、もしも私が引っ越すならば・・という妄想状態に陥ったわけです。
大きなボリュームでその編集映像を見たわけではないのです。しかも寝起きに観たのです。そう事情がございますので、情報としましては半分ぐらい寝ぼけて書いているような日記となってしまいそうです。あくまでも私の主張です。
そこに有った人魚の像、それこそ田沢湖の金色の女性像も連想させます。ああいった土地の象徴となる歴史を感じさせるモチーフが有るだけで、ロマンを感じます。語り継がれた昔話はウソでも真実でも構いません。作られた話でも、ワクワクしてしまいます。
そんな一風変わった土地に住むだけで、1K 引っ越し料金最安値とサイトを検索して引越業者を探して引っ越して良かったなと私は思うはずなのです。なんだか、自分が生きている心地がしたり、自分も歴史上の人物であるかのような、変な錯覚を体験できます。「特別な感じ」を得られるのだと思います。どこの土地にでも有るような話ではないからこそだと考えます。
丹後半島、小浜市、敦賀市、鯖江市、福井市。こんなところへ引っ越すならば、生きていてよかったなと感じられます。さすがに今の住まいから引っ越すには、相当の覚悟が必要です。一度離れた地を戻ることは考えられません。そして、引っ越し先でも、どうしてそんな所から、わざわざ越して来たのさ?という風に見られてしまう覚悟も無ければならないでしょう。果たして歓迎してもらえるかどうかは、行ってみないと分からない事です。鯖江市へ引っ越す。こういう飛び切り思追い切った選択肢も有るという、それだけでも良いのです。自分次第で人生を変える事だってできる!というような感覚です。

 

引越し画像18

あわせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする